学校法人花園学園 京都府京都市右京区花園木辻北町1番地

学校法人花園学園
学校長挨拶
PTA情報
HOME
中学校のご案内
高等学校のご案内
沿革・歴史
校章・校歌
教員紹介
施設・設備
証明書発行
個人情報保護方針
交通アクセス
お問い合わせ

【中学校】摂心会の様子

 11月28日29日、摂心会を本山妙心寺の施設を利用させて頂き開催いたしました。
摂心とは禅宗の修行を普段よりも集中的に行い、自分自身の自己究明に努めることを言います。
SGZコースの摂心会は、一つ一つの作業に集中して行うことで、物事の真理を見る力を養うことを
目指します。生徒たちは初め、緊張や不安を抱いていましたが、一つ一つのことに集中し、
一生懸命に参加してくれました。
 開会式では法務部長島崎義範様よりご挨拶頂き、本山の雰囲気ある環境を是非とも活かして
修行をして下さいと励ましのお言葉を頂戴いたしました。そして、読経と茶礼を行い、全員で
この摂心を乗り越えようという誓いをたてました。

01 02
 法話では妙心寺塔頭、春光院副住職の川上全龍師にお越し頂きました。川上先生からは
グローバルと禅というお話を聞かせていただきました。グローバルとは何なのか?国際化とは何か?
またそれらがどうやって禅とつながるのか?そのようなお話をして頂きました。

03 04
 禅の作法による食事は、普段食べているはずのお米や大根などの味が、普段より美味しく
感じることができました。そして、命と向き合う貴重な時間でした。

05 06
 夜は法堂での坐禅です。天井には狩野探幽筆の雲竜図があり、龍に見守られながら坐禅をする
体験は生徒たちの心に刺激を与えたと思います。

07
 二日目は朝のお勤めからはじまり、朝食をとり、屋内の掃除、そして写仏をおこないました。
写仏とはお釈迦様や文殊さん、観音さんの絵を写していくことです。一本一本集中して、丁寧に
描いていきます。同じ絵を描いていますが、一人一人描く仏様の表情がまったく違います。
出来上がったものを見ると生徒たちは笑顔になっていました。

08 09
 摂心の最後の食事はうどんです。禅の修行のなかで、うどんはご馳走です。生徒たちもとても
喜んで食べてくれました。たくさん頑張って、苦しいこともみんなで乗り越えたからこそ、
美味しかったのだと思います。
 この摂心を通して生徒たちは様々なことに気付き、たくさんのことを学んだと思います。
この経験を活かし、充実した学校生活が送れることを期待しています。