学校感染症などの非常時の対応

Emergency

非常時の対応

学校感染症について

本人が学校感染症に罹患した場合は次のことを厳守してください。

  • 医師により学校感染症であると判断された場合は、速やかに担任へ電話連絡を入れる。
  • 医師の許可が出るまで登校しない。
  • 医師からの登校許可を受けて登校を再開した後、本校指定の診断報告書に保護者が記入・捺印し、担任へ提出する。(医師からの診断書は不要)

※ 診断報告書は、こちらからダウンロードできます。

学校感染症と認められる種別

【第1種】

エボラ出血熱  クリミア・コンゴ出血熱  重症急性呼吸器症候群(SARS・コロナウィルス)  痘そう  南米出血熱  ペスト  マールブルグ熱
ラッサ熱  急性灰白髄炎  ジフテリア  鳥インフルエンザ(H5N1)  その他(新型インフルエンザ等感染症、指定感染症、新感染症)

【第2種】

※ 下線部は平成24年4月1日付の学校保健安全法施行規則の一部改正にともなう訂正箇所
感染症名 出席停止期間
インフルエンザ 発症後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、または5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺または舌下腺の膨張が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風疹3日はしか 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう) すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜炎(プール熱) 主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核 医師が感染のおそれがないと診断するまで
髄膜炎菌性髄膜炎 医師が感染のおそれがないと診断するまで

【第3種】

コレラ  細菌性赤痢  腸管出血性大腸菌感染症(O157)  腸チフス  パラチフス  流行性角結膜炎  急性出血性結膜炎
その他の感染症(感染性胃腸炎・マイコプラズマ肺炎・溶連菌感染症〈しょうこう熱〉・手足口病・ヘルパンギーナ・ウィルス性肝炎・伝染性紅斑など)

※その他感染症とは、『学校で流行が起こった場合にその流行を防ぐため、必要があれば学校長が学校医の意見を聞き、第3種の感染症として措置をとることができる疾患』

学校管理下での災害について

災害共済給付手続きについて
「災害共済給付制度」は、学校の管理下で災害が発生したときに、災害共済給付を行う、国・学校の設置者・保護者の三者の負担による互助共済制度です。

給付の条件

1. 学校の管理下とは

1.学校が編成した教育課程に基づく授業を受けているとき
2.学校の教育計画に基づいて行われる課外指導を受けているとき
3.休憩時間中に学校にあるとき、その他校長の指示承認に基づいて学校にあるとき
4.通常の経路、方法により通学するとき
5.その他、これらに準ずる場合として文部科学省令で定める場合

2. 請求手続き

1.学校管理下で災害が発生した場合は、ただちに教科担任、クラブ顧問または担任に申し出て、保健室で共済給付手続きの説明を受けてください。
2.初診から治癒まで医療費総額(医療保険でいう10割分)が5,000円以上の負傷・疾病が給付の対象となります。(窓口支払いが1,500円以上)
3.1ヶ月の金額(点数)の医療費合計が高額(7,000点以上)となる場合は、「高額療養状況の届」、治療用装具明細書には「領収書の写し」が必要となります。
4.保健室より毎月10日までに「独立行政法人日本スポーツ振興センター大阪支所」に請求を行います。
5.災害発生日から2年以内に手続きをしないと無効となります。
6.同一の災害の負傷または疾病についての医療費の支給は、初診から最長10年間行われます。

3. 支給

学校事務へ登録している口座への振り込みとなります。通知については、金額、振込日を記載した報告書を生徒本人へ渡します。

ご関係者様へ

当校について