花園高等学校|【硬式野球部】春季京都府高等学校野球大会二次戦

Event

イベント

【硬式野球部】春季京都府高等学校野球大会二次戦

センバツ甲子園ベスト8の龍谷大平安に中盤まで善戦も粘りきれず!夏のシード権を逃す!!

VS龍谷大平安高校(峰山球場)

センバツ甲子園ベスト8の龍谷大平安に中盤まで善戦も粘りきれず!夏のシード権を逃す!!

戦評

 初回に死球から得点圏にランナーを進まれると3番のタイムリーヒットで先制されるもその後は中盤までそのヒット1本に抑えて立ち直り、センバツベスト8の龍谷大平安に対して、中盤までは互角のゲーム展開に。花園の攻撃も3回、5回と得点圏にランナーを進めて、芯を捉える良い打球を放つも相手の好守備に阻まれ、得点することができず。5回の守備は投手が制球を乱し、ランナーを背負うと一死満塁のピンチを迎えて、3番に押し出しの死球、4番にはセンターバックスクリーン横に本塁打を打たれ、一挙5失点。最後まで粘ることが出来ず。その後、7回に1点を追加され、0-7で敗戦。

最後に

   中盤までどちらに転ぶか分からない展開だっただけに最後まで粘りきることができず力尽きてしまいました。遠い会場にも関わらず、多くの方に足を運んでいただき、温かい声援を送っていただきました。本当にありがとうございました。チームとしては最後の夏に向けて、課題が明確になった試合でした。その課題と向き合いながら、これから夏までの期間で大きく成長し、応援していただいている皆様と喜びを共有できるよう練習に励んでいきたいと思います。今後も温かい応援をよろしくお願いします。

ご関係者様へ