高等学校|秋の人権講座が行われました

Event

イベント

秋の人権講座が行われました

11月17日(金)午後から「秋の人権講座」がありました。

講師に伊藤真波さん(プロフィールは下に記載)を招き,「あきらめない心」について講演していただいました。

『どこにでもいる20歳の女性がある日突然,交通事故によって片腕をなくしながらも,今のように何事も積極的に挑戦し,明るく過ごせているのは「あきらめない心」があったから。それは「家族や友人,先生」などいろいろな人とのつながりによって生まれた気持ちだった。みんなもいろいろなことに挑戦して,いろいろなことを経験してほしい。そして,どんな大人になりたいか?イメージしながら高校生活を送ってほしい。』とメッセージをいただきました。

ご来校いただきありがとうございました。


【伊藤真波さんのプロフィール】

現在:日本初片腕義手の看護師
   北京・ロンドンパラリンピック競泳日本代表
出身:静岡県

1984年 静岡県出身、5歳から水泳を始める
2000年 静岡県立清水西高等学校衛生看護科 入学
2003年 静岡県医師会看護専門学校 入学
2004年 交通事故に遭い右腕切断。兵庫県立リハビリテーション中央病院にて義手製作に取り掛かる
2007年 神戸百年記念病院 入職
2008年 北京パラリンピック 100m平泳ぎ 4位、100mバタフライ 8位
2010年 アジアパラリンピック  100m平泳ぎ 2位
2012年 ロンドンパラリンピック 100m平泳ぎ 8位
2015年 神戸百年記念病院退職
現在、育児をしながら講演活動をしている

ご関係者様へ