令和元年度 卒業生 大橋玄貴さんから応援メッセージ

Graduate

卒業生の声

令和元年度 卒業生 大橋玄貴さんから応援メッセージ

横にスクロールしてご覧ください。

出身中学

詳徳中学校出身

在学時選択コース 花園高等学校特進Aコース卒業
進学 京都大学 工学部

私は京都大学に合格するために、一年から三年まで主に模試の過去問を利用して勉強していました。この勉強は担任の先生からすすめてもらったもので、成績が著しく上がりました。授業では発展的な問題も取り扱ってもらい、それに加えてEX講座でも他大学の入試問題で演習を積むことができました。個別添削指導では京都大学に焦点を当てた勉強ができ、入試本番と同じ時間で解く練習ができました。そのおかげで本番では緊張せずに試験に臨むことができました。

独習会では勉強の習慣がつくのはもちろんのこと、最も成績が上がるのは独習をしているときだということ、それからただ長い時間勉強するのではなく自分なりの勉強を工夫してやらなければ成績は上がらないということを実感しました。また独習合宿もありましたが、その名前からは想像もできないほど楽しいもので、僕にとっては三年間の一番の思い出となりました。
私のように難関大学と呼ばれる大学を目指している生徒は多いと思います。そんな貴方に朗報です。我が母校花園高校は難関大学入試にしっかりと対応しています。しかし、努力は何事にも必要です。実際私も高校三年間は友達と遊びもしましたが、受験勉強に尽くして夢を叶えました。

最後になりましたが、先生方をはじめとする、私の受験を支えてくださった皆様に感謝を申し上げます。

卒業生の声一覧へ戻る

ご関係者様へ