令和元年度 卒業生 千田虎次郎さんから応援メッセージ

Graduate

卒業生の声

令和元年度 卒業生 千田虎次郎さんから応援メッセージ

横にスクロールしてご覧ください。

出身中学

松原中学校出身

在学時選択コース 花園高等学校特進Aコース卒業
進学 神戸大学 工学部

私は高校入学当時、特進Aコースにはいったものの模試の結果が悪く大変落ち込みました。ただ「自分はもっとできるはずだ」と自分に言い聞かせ勉強に勤しみました。この結果1年生の最後の模試ではとても良い成績をだすことができました。これならレベルの高い大学にも入れるとこのときは思っていました。しかしこの考えが良くありませんでした。なんとこの自惚れからサボり癖がついてしまったのです。この癖がなかなかなおりませんでした。そんなこんなで月日が過ぎセンター試験前になりました。ここでもまだ私は「自分ならなんとかなるやろ」という甘い考えをもっていました。そしてセンター試験当日、これまでの悪癖のせいかどうかはわからないが、国語の時間で頭が真っ白になりそのあとの試験にもそれを引きずり過去最低点をとってしまいました。ここまでの話でなにが言いたいかというと自惚れるな、模試の成績を気にしすぎるなということです。まーセンター試験が終わってから二次試験までの約1ヶ月結構な追い込みをかけてなんとか合格にたどり着くことができました。各教科の先生方、クラスメイトのみんな三年間本当にありがとうございました。

卒業生の声一覧へ戻る

ご関係者様へ