令和元年度 卒業生 市川柚衣さんから応援メッセージ

Graduate

卒業生の声

令和元年度 卒業生 市川柚衣さんから応援メッセージ

横にスクロールしてご覧ください。

出身中学

嘉楽中学校出身

在学時選択コース 花園高等学校特進Aコース卒業
進学 京都府立医科大学 医学部看護学科

私は、文武両道を目標に高校生活を過ごしてきました。特進Aコースで国公立大学を目指しながらも、部活動で近畿大会出場を目標に取り組んでいました。

そんな中、時間が限られてこともあり、時間の計画性が身につきました。これが受験生になってからも、最大限生かしきれていたと思います。それが発揮できた場は独習会でした。高い集中力や、自主性が身につき、周囲と共にやることでいい刺激ももらいながら、勉強に取り組めていました。独習会は、受験期の勉強へと原動力となっていたと思います。

また、先生方の手厚いご指導のおかげで、自分に合った環境で勉強に取り組ませてもらっていました。さらに、特進Aコース全体の団結力や仲の良さというのは、何よりも受験期の一番の支えであったのです。そのような恵まれた環境でやれたことが、合格に繋がったのだと実感しています。そして、私が3年間所属していたバドミントン部では、様々な立場を経験し、悩んだこともありました。しかし、そこで学んだこと、考えたことは、人として自分を成長させてくれるものでした。また、周囲の支えの大きさは、この花園高校だからこそ得られたものだと思います。

最後に、花園高校で、一緒に悩んでくれる先生、一緒に頑張れる仲間に出逢えました。今だからこそ、花園高校に入学してよかったと感じています。周りで支えてくださった人たちに、本当に感謝しています。3年間、ありがとうございました。

卒業生の声一覧へ戻る

ご関係者様へ