Event

イベント

  • 2017.11.17SGZ コースD コース一貫コース

秋の鑑賞教室

 右京ふれあい文化会館にてジャズピアニストであり数学教育者でもある中島さち子氏をお招きし、秋の鑑賞教室を行いました。

 今回のテーマは「数学×音楽」。一見関係がないと思われる2つがコラボレーションしたものでした。「バッハの楽譜の中に潜む対称性」「BPM 60 と BPM 61 で同時に 2 人で開始すると、何秒(何分)で再び一致するか」などの話は生徒に今までにない数学と音楽の繋がりを感じさせるものでした。また、曲の演奏の中にも数学的要素が含まれており、従来の音楽鑑賞とはまたひと味違うものになりました。




プロフィール

中島 さち子(なかじま さちこ、1979年6月13日生 )ジャズピアニスト、数学教育者。大阪府出身。フェリス女学院中学校・高等学校、東京大学理学部数学科卒業。

フェリス女学院在学中の1996年に国際数学オリンピックインド大会に出場、日本人女性として初めて金メダルを獲得した。翌1997年のアルゼンチン大会にも連続出場し、銀メダルを獲得している。大学在学中の1999年には共著で「ゼータの世界」(日本評論社)を出版した。大学卒業後の約10年間は音楽活動に専念していたが,2011年頃より音楽活動の傍ら数学研究を再開。学会発表や論文執筆を並行して行っている。

 

ご関係者様へ