中高一貫 入試関連行事|【まとめ】高校2年生一貫Sコース研修旅行 バックアップ2

Event

イベント

  • 2018.10.20一貫コース

【まとめ】高校2年生一貫Sコース研修旅行

最終日③

17:45に全員無事京都駅烏丸中央改札口にて解散しました。

生徒にはすぐに帰路につくように伝えています。

よろしくお願い申し上げます。

最終日②

生徒全員、関西国際空港から予定通り特急はるか38号(16:14発)京都駅着に乗車しました。

17:34に京都駅に到着予定です。

最終日①

本日が研修旅行最終日です。
先程現地時刻9:30(日本時刻1:30)に無事、出国審査を全員終えました。
滞在中には少し体調を崩した生徒が若干名いましたが、現在は全員元気です。
ご安心ください。

この後、10:15に関西国際空港行きの便に搭乗予定です。

今までのサンフランシスコ研修旅行のまとめは一旦下げましたが、また後日改めて掲載いたしますので、そのときにご閲覧をよろしくお願い申し上げます。

※次のお知らせは「はるか京都行」に乗車後の予定です。

サンフランシスコ現地のガイドのジェイソンさんとのお別れの集合写真

サンフランシスコ現地のガイドのジェイソンさんとのお別れの集合写真

6日目まとめ

本日は研修旅行の6日目です。

昨日、ホームステイを終え、全体が合流しました。
久々にクラスの友達と食べる朝食でした。

午前中はサンフランシスコ禅センターを訪問しました。
サンフランシスコ禅センターはベイエリアにあり、鈴木老師がはじめました。
施設の方にその歴史を英語で説明していただきました。生徒たちは、その英語を理解しようと頑張っていました。また、自分たちが花園で学んでいる禅が、国内だけではなく世界に広がっていることを改めて実感することができました。

午後からは観光名所や繁華街での自由行動でした。
最初に向かったピア39では、有名なクラムチャウダーを食べたり、お土産を買ったり、かつて世界一脱獄が難しいと言われていた刑務所のあるアルカトラズ島や海岸にいるアシカを見たりしました。
次にゴールデンゲートブリッジに行き、記念撮影をしました。
そして、サンフランシスコ市内で最も栄えているユニオンスクエア近郊で自主研修を行いました。みんな、グループで買い物をしたりデザートを食べたり、自由な時間を満喫しました。
最後には、ユニオンスクエア近辺のレストランで夕食をとりました。レストランでは花園高校用にメニューを作って下さったり、夕食の最後のケーキのお皿に「Thank You」と書かれてあったりと、私達を歓迎してくださっている気持ちが伝わってきました。書かれていた文字はこのお店に来てくれてありがとうという意味がこもっているのですが、私たちの方がこの街の色々な人々に対して、「我々を温かく受け入れてくれてありがとう」という気持ちになりました。サンフランシスコ研修旅行の最後にふさわしい晩餐となりました。

さて、明日は日本へ帰るために出国します。みんな準備をしっかりしてくれていることだろうと思います。
こちらのHPで生徒の状況に関してできる限り連絡をしますので、保護者の方は引き続きこちらをご覧ください。
なお、時差の関係や出国・フライト時刻の関係でHPの更新が遅くなる可能性がありますので、予めご了承ください。

5日目まとめ

本日はホストファミリーとのお別れの日です。
短い期間でしたが、国内にいるときから連絡をとりあっていたため、研修旅行期間だけの付き合いではないように感じていたようです。
名残おしい気持ちがありながら、生徒たちは各学校をあとにしました。


その後は、Facebook本社に行きました。生徒たちは広大な敷地面積に驚いていました。
本社訪問を行い、Facebookの社員の皆様に会社を紹介してもらいました。
生徒たちは本社の中で食事をとりました。写真に写っているような食事場所がいくつもあり、その他にもデザート店やIT機器修理店、自転車店など、多種多様なお店が敷地内に並んでいました。そのお店の食事代や利用料がFacebookスタッフであれば、ほとんど無料であることには驚きました。


Facebookの次はスタンフォード大学へ行きました。
最初に、現地の留学生にキャンパスツアーを行ってもらいました。
キャンパスに関する案内も有意義な時間でしたが、学生への質疑応答が一番ためになりました。
将来、海外進出をしたい・そうでなくとも、自分の環境を変えて、どこまでできるかを試してみるという精神は将来、必ず必要になります。
このくらいで・・・自分はこうだから・・・と限界をつくることで自分の可能性を狭めてしまうのはもったいないです。
そういった意味で、ツアーを担当してくださった学生さんは輝いて見えました。
本校の生徒たちも、「いつかやれる日がくるだろう・・・」というネガティブな考えではなく、「これができれば・・・!こうすることで・・・!」とポジティブな思考が自発的にできる人が増えていってほしいと願うばかりです。
次に大学内にある購買部でスタンフォード大学グッズを購入しました。
文房具やぬいぐるみ、Tシャツやパーカーを楽しそうに購入しました。
最後に、スティーヴン・マーフィ重松教授が研究対象にされているマインドフルネスについて、特別講義をしてもらいました。
講義の後は、マインドフルネスを実践するために作られた建造物で瞑想(や坐禅)を生徒たちも行い、心を落ち着かせていました。


大学訪問の後は、ホテルに到着し、その後すぐにホテルでピザパーティをしました。
ホテルに到着後はNIC出身で現在UCバークレー大学で学生をされている安田耕大さんをお招きして、講義を行ってもらいました。
安田さんの講義では、実体験のエピソードを交えて本校生徒に熱いメッセージを送っていただきました。


明日は、午前中サンフランシスコ禅センターへ行き、午後からサンフランシスコでもっとも有名な観光場所であるピア39とゴールデンゲートブリッジに行きます。
有名なクラムチャウダーをお昼ご飯に食べたり、お土産を買ったり、アルカトラズやゴールデンゲートブリッジの写真を撮ったり、充実した時間が過ごすことができると思います。

案内していただいたFacebookの社員のみなさん

案内していただいたFacebookの社員のみなさん

4日目まとめ

10月16日(火)は高校訪問2日目です。
両校ともに学校紹介等も含めた坐禅のデモンストレーション(プレゼン)を行いました。

発表の内容は京都に焦点を当てた導入、本校・仏教・禅宗・坐禅の紹介、坐禅デモンストレーションという流れでした。

時間のない中ではありましたが、それぞれが準備していたことを伝えられたと思います。
間違えることもありましたが、本当に大切なことは伝えたいという気持ちだと思っています。
相手もこの人は何を言おうとしているのかと汲み取ろうとしていました。生徒たちも、恥ずかしがったり怖気づいたりするのではなくて、思い切って前に出てみることが大切であることに気がついたのではないでしょうか。

明日はホストファミリーとお別れ日です。今日が最後のホームステイです。

本校の生徒と話していると、ホームステイがまだまだ続けばいいな〜と感じているようです。
みんな、日頃とは違う環境を楽しんでいる様子でした。

色々な観光名所に連れて行ってもらったり、買い物に連れて行ってもらったり、パーティーを家の中や特別な場所で行ったりしていたようです。楽しみ方は人によって異なりますが、異文化交流を満喫できるようにしていただいているおもてなしに生徒たちはみな感謝していました。

明日はお別れの日です。

短い期間ですが、残りの時間を有意義に過ごしてほしいと願っています。

Lowell High School

Lowell High School

S.H.C.P

S.H.C.P

3日目まとめ

10月15日(月)は高校訪問初日でした。

「Lowell High School」と「Sacred Heart Cathedral Preparatory(S.H.C.P)」に各生徒訪問をしました。

全員元気に登校していました!
日曜日のフリーデイを挟んでの月曜日でしたので、少しはバディ生徒と打ち解けている様子でしたが、まだまだ自分の思いを伝えるのは難しい様子の生徒もいました。

両校とも、日本語の授業ではゲームを通して交流の時間がありました。そして、現地校の歴史や数学、理科、体育、芸術の授業もバディと一緒に受けることができました。

「Lowell High School」では生徒一人ひとりが3人程度の生徒に囲まれて質問攻めに合う機会もありました。また、全体の前に立って本校生徒が話す機会もありました。いずれにしても貴重な体験だったと思います。
「Sacred Heart Cathedral Preparatory(S.H.C.P)」では、朝の1ブロック目の時間に合唱やクラブ活動、自習勉強など人によって様々な時間の過ごし方があり、本校生徒もバディ生徒と一緒に各々の時間を過ごしました。中でも、合唱・演劇ホールでの合唱練習は歌うことだけでなく、身振り手振りをつけて本当に楽しそうに活動していました。本校の生徒も周りの様子を見ながら、一緒に歌っていました。


明日は、両校で坐禅に関するプレゼンテーションを行います。
海外の生徒に禅宗の根幹坐禅のことを英語を使って伝えることができるでしょうか。
花園祭や中間考査などの大きなイベントがあった中での限られた時間でつくったスライドと、生徒たちの想いを現地校生徒に届けることができるでしょうか。

ワクワクな気持ちの裏には心配な気持ちもありますが、花園魂とこれまでの取り組みで培ってきた力で乗り切ってほしいと願っています。

ファイトです!

Lowell High School

Lowell High School

S.H.C.P

S.H.C.P

2日目まとめ

2日目は日曜日でしたので、ホームステイ先の家庭でフリーデイを過ごしました。

事前の話では観光地に連れて行ってもらったり、ホームパーティをしたり、買い物に行ったりと、生徒によって様々な過ごし方があるようでした。

明日からは高校訪問です。
一緒に授業を受けたり、訪問先の日本語選択コースの生徒と交流をする時間があると思います。
花園一貫生として、日頃の学習・取り組みの成果を出してほしいと思います。

1日目まとめ

10月13日(土)サンフランシスコ研修旅行1日目が終了しました。 
京都駅に全員無事集合し、予定通り関西国際空港へ到着することができました。 
飛行機内での長旅が終了して、サンフランシスコに到着しました。
建造物や街の雰囲気など日本の風景とは全く異なるザ・アメリカの様子に生徒たちは1つ1つリアクションをとっていました。

午後からはカリフォルニア科学アカデミーに行きました。 ここでお昼ご飯を各自で食べました。
ここはサンフランシスコのゴールデンゲートパーク内にある世界最大の自然史博物館です。 1つの建物の中には「亜熱帯気候の特徴を断層的に表した亜熱帯気候温室」や「水族館」、「蛇やワニ、トカゲやイグアナ、カエルなどの爬虫類・両生類の展示をメインにしたスポット」、「プラネタリウム」、「物理学的な展示」などがあり、全部の種類が決して多いとは言えないかもしれませんが、国内にはない展示方法で生徒たちの興味関心を惹きつけていました。 
特に、亜熱帯気候温室では蝶々が頭にとまったり、爬虫類生物の展示ではアルビノのワニを上からや水中から見たり、水族館ではヒトデなどの海中生物に触れることができるコーナーでは楽しんで観察していました。 
生徒たちに話を聞くと、博物館や水族館に来たのは久々のようで最初は楽しむことができるのかが不安であったが、普段見ることのできない動物や展示物などに触れることで、こういう場所で貴重な体験ができた!と喜んでいました。

その後、ホームステイ先のバディにあうために「Lowell High School」と「Sacred Heart Cathedral Preparatory(S.H.C.P)」のグループに分かれて、出発しました。
現地校に到着すると、温かい出迎えをしてくれました。 本校の生徒たちは緊張している様子でしたが、ホストファミリーたちが緊張がほぐれるように話しかけてくれていました。
本日も含めてこれから4泊5日のホームステイがはじまりました。 消極的にはならず、積極的にコミュニケーションをとっていけるように努めてほしいな、と願っています。 
明日は日曜日なので、フリーデイです。各自、事前に希望を伝えて色々な場所に連れて行ってもらうと思います。

月曜日にどんな話をしてくれるのか大変楽しみです。

 

1日目③

予定通りサンフランシスコ国際空港に現地時間10:35(日本時間2:35)に生徒全員が到着しました。

1日目②

予定通り16:50にサンフランシスコ行きの飛行機に生徒全員が搭乗しました。
サンフランシスコ国際空港へは現地時間10:35(日本時間2:35)に到着予定です。

1日目①

予定通り12:30に関西国際空港行き特急はるか27号に生徒全員が乗車しました。
13:50に関西国際空港に到着予定です。

ご関係者様へ